児童英検の英検Jr.の紹介です。

Tel 052-562-5002
体験レッスン

英検Jr.(児童英検)

英検Jr.とは

英検Jr.とは、児童の英語能力の調査・研究を目的に、英語に親しみ、外国の文化を理解することを目標として1994年に開発した児童向け「育成型ゲーム感覚」のリスニングテスト。公益財団法人日本英語検定協会 が実施する英語技能の検定です。

当教室が試験会場になるため、いつもの慣れた環境で、落ち着いて受験することができます。

英検Jr.の受験レベル

一般の「英検」は、1級から5級までですが
「英検Jr.(ジュニア)」では、「BRONZE(ブロンズ)」「SILVER(シルバー)」「GOLD(ゴールド)」の3つのグレードがあります。
各レベルに応じて、バラエティ豊富な出題が特徴です。

受験の目安として

BRONZE(初級) 初めて受験する児童で、塾学習が半年~1年程度
SILVER(中級) BRONZE 80%以上正解した児童で、塾学習が1年~2年程度
GOLD(上級) SILVER 80%以上正解した児童で、塾学習が2年~3年程度

ゴールドはレベルが高く、問題によっては英検5級より難しいかもしれません。
当教室でも、数回チャレンジする生徒さんもいるほどです。
それだけに、レベルをクリアしたときの喜びも大きいですよね!
「できた!」という喜びを実感し、次の学習の動機づけになることが英検Jr.のねらいなのです。

英検Jr.の試験内容

英検Jr.は難易度にあわせた3つのグレードがあります。
英語を聞いてそれに合ったイラストなどに〇を付けていく、シンブルな回答方式です。

出題内容ですが

BRONZE(初級) 毎日の生活で行っていること、身近なできごと、遊びや動物など興味のあること、家族・先生・友人との交流など40問。
SILVER(中級) BRONZE の事柄に加えて、身近な社会生活のできごと、初めて会う人や外国人との交流、学校で習ったり課外活動をしたりすることなど45問。
GOLD(上級) SILVER の事柄に加えて、日本や外国の身近なできごと・行事・文化、夢や将来のこと、ボランティアなどの活動、物語や架空のことなど50問。

児童の身の回りの事柄を3つのグレード(レベル)に合わせて多様な形式で出題。
ヒントを聞いて答えを推測する、なぞなぞのような問題もあり、児童はゲーム感覚で力試しができます。

英検Jr.の受験に関するお問合せはこちらから

↑ PAGE TOP