長文読解に【多読学習】のススメ

 

先日のブログでは大学入学共通テストについて触れましたが、長文読解の有効な対策のひとつとしては、やはり日頃からの多読が大切です。

様々なタイプの長文に慣れておくことで文構造の理解に繋がり、迅速かつ的確に内容を処理することができます。

いずれにしても、早い段階から単語を憶えることを推奨します。

 

「多読の英語学習者に共通する問題は、インプットの量の不足であり、理解可能なインプットをどれだけ確保できるかが英語習得の必要条件」だと言われています。

普段私たちが使っている日本語に置き換えてみるとわかりやすいと思いますが、その言葉自体を知らないと使わないし使えませんよね。

つまり言葉を知っている人ほど、言葉巧みに表現できるのと同じで、インプットの量がアウトプットできる量を決めるといっても過言ではありません。

 

 

4技能のうちインプットとは、「リスニング」「リーディング」、そしてアウトプットは「ライティング」「スピーキング」ですね。

多読により、よく使用される表現や言い回しを覚えることで、ネイティブが使用している自然な表現を身につけることができ、流暢なライティング力やスピーキング力を格段に向上させることができます。

「使える英語」が身につく、即効性のある学習法だと言えます。

 

また、多読では基本的に知らない単語が出てきたら、まず前後の文脈からその意味を想像しながら読み進めていきます。

英単語は単純にひとつの意味だけではなく、様々な意味があったり、熟語でまた違った意味を持ったりしますよね。

英文を読み進め、単語の意味を想像することを繰り返すことにより、感覚的なセンスも自然と身に付くようになります。

 

とは言っても、最終的には気になった表現や初めて見る単語などはノートに記し、意味を調べたり例文を覚えるといった作業もインプットには必要です。

 

 

さて、今日は2020年度第3回の英語検定実施日です。

教室では、小学3年生、5年生、6年生の生徒さんが5級に挑戦します。

 

やってきたこと、頑張ってきたことは決して裏切りませんし、何よりそのプロセスはかけがえのない財産になります。

いつもの調子で頑張ってね!

心から応援しています!

 

 

◆◆◆ 英語体験レッスン実施中!お申し込みは 【コチラ】 から ◆◆◆

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ヨーロピアン風の教室で、楽しく英会話のレッスン♪

KiddyCAT英語教室 中村校 ダイナソークラブ
〒453-0066
名古屋市中村区草薙町3-18 プリマ名古屋壱番館
TEL 090-6570-5358
URL http://www.kiddycat.net/

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-