英語の発音とリズムが自然に身につくチャンツ

 

こちらのブログで先日、英語の教科書に掲載されたQRコードを読み取りますと、例えば、楽しい歌やチャンツ、おさえておきたい重要表現など動画や音声で視聴できるという、現在の進化したデジタル教材についてご紹介いたしました。

 

最近では、日本の英語教育現場などでも取り入れられつつあるチャンツ。

CALA(Communication And Language Associates)の代表者であり、日本の児童英語教育界において第一人者のお一人である阿部フォード恵子先生も、チャンツの素晴らしさを様々なワークショップや講演会でも説かれておられます。

 

 

ジャズチャンツは、1960年代にアメリカ人英語教師Carolyn Graham先生によって発明されたJAZZを取り入れた英語学習法。

 

英語には日本語にはない、独特の「強弱」のリズムがあります。

その英語のリズムとジャズ音楽との関係性を見出して、英語を学ぶ生徒たちのために、英語の発音とリズムを身につけるための最も効果的な方法として、世界各国で実践されています。

 

 

Carolyn Graham先生いわく、“脳はリズムが大好き!”

 

チャンツにはおおまかに「発音」「文法」「日常会話(フレーズ)」「ボキャブラリー」の4種類があり、手拍子に合わせ、リズミカルに言葉を発します。

そして、様々なチャンツを聴き、同時に声に出してネイティブの英語を真似てみること。

このテクニックを使うことで、発音、リズム、イントネーションやアクセントはもちろん、日常会話に役立つフレーズも自然と習得できる優れた教材とも言われています。

 

つまり、チャンツでインプット、アウトプットを繰り返すことで脳に刻まれたリズムで、自然と英語を話すための基礎知識を固めていけるのです。

 

 

小さなお子さんは歌が大好きですね。

難しい意味を知らなくとも、リズム遊びの要領でチャンツを行なえば、歌うように英語の強弱のリズムが学べます。

 

そもそもジャズチャンツは、英語を母国語としないアメリカ移民の方々の英語学習に開発された方法だそうです。

もう一度英語を学び直したいという方、ご自身の英語の発音に自信のない方やとにかくネイティブスピーカーのような英語のイントネーションを習得したい方にもおススメ、「楽しくて効果的な英語学習法」チャンツです。

 

 

◆◆◆ 英語体験レッスン実施中!お申し込みは 【コチラ】 から ◆◆◆

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ヨーロピアン風の教室で、楽しく英会話のレッスン♪

KiddyCAT英語教室 中村校 ダイナソークラブ
〒453-0066
名古屋市中村区草薙町3-18 プリマ名古屋壱番館
TEL 090-6570-5358
URL http://www.kiddycat.net/

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-