プレゼンテーション能力を養うレッスン

 

「相手の話している内容は理解できるのに、いざ話すとなると言いたい英語が全く出てこない」

体験レッスンに来られた方から、こういったお話をよく耳にします。

中学、高校などで授業で勉強をしていて、受験勉強で覚えた語彙力、長文読解力もあるはずなのに、そのレベルにスピーキングが追いついていないということは、従来の日本の英語学習方法に問題があるということを認めざるを得ません。

 

 

日本の義務教育では、基本的に国が教育の方針や指導内容を決定する中央集権的なシステムが用いられています。

そのため、教育現場の指導方法が結果的に画一的なものになってしまい、(最近こそ入試内容も改革されつつありますが)、学生たちは知識を詰め込む暗記型学習に陥りがちです。

 

一方、主体性が求められるアメリカの授業では、自主性が重視され、ホームワークと発表と討論が主となっています。

グループや個人による研究発表やディベートの機会に加え、自己アピールが求められる内容に。

そういった自己表現のスキルトレーニングの基本となっているのが【Show and Tell】です。

 

 

【Show and Tell】は、例えば自分の家族や大切なものについて等々、クラスメイトたちの前で紹介し、発表後の質疑応答など、即興で意見をやり取りするスキルを養うという学習方法です。

そういった【Show and Tell】のような活動を通して、日常的にプレゼンテーションスキルを磨き、グレードを重ねるごとに積極的な討論ができるようトレーニングされていくのが、アメリカの教育の特徴です。

 

ダイナソークラブ英語教室のグループレッスンでも、【Show and Tell】を取り入れています。

発表者は自分の友だちについて、他の生徒さんたちの前で発表し、質疑応答を行ない、本場アメリカの授業同様、「人前で話す」「人の話を聴く」という英語コミュニケーションスキルを伸ばすことを目的としています。

質疑応答するにも、他の生徒さんたちもよく発表を聴く必要があり、内容を理解することが必須です。

 

 

突然の質問に、瞬時に英語で答えることは、簡単なものではありません。

しかし、訓練を重ねることで、英語を話す力、聴く力、プレゼンテーション能力、英語コミュニケーション能力スキルがどんどん伸び、格段に英語表現力を養うことができます。

 

何より、人前で表現することで自然と自信がつきますね。

こういった取り組みを通して、将来的に国際社会で活躍できるための様々なスキルを身につけられるようなレッスンを行なっております。

 

 

◆◆◆ 英語体験レッスン実施中!お申し込みは 【コチラ】 から ◆◆◆

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ヨーロピアン風の教室で、楽しく英会話のレッスン♪

KiddyCAT英語教室 中村校 ダイナソークラブ
〒453-0066
名古屋市中村区草薙町3-18 プリマ名古屋壱番館
TEL 090-6570-5358
URL http://www.kiddycat.net/

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-