感謝の気持ちを英語表現してみよう!

 

今日は母の日ですね。

日本では5月の第2日曜日を「母の日」とし、子どもたちがカーネーションやプレゼントを贈るのが一般的ですが、世界の国々によって時期や習慣が実にさまざま。

 

 

例えばイギリスでは、イースターサンデーの3週間前が母の日。

教会で受け取った花を、そのままお母さんに贈るという習慣があります。

 

タイは、シリキット国王妃の誕生日である8月12日を母の日に制定。

王妃がお生まれになった金曜日の色は水色であることから、街には王妃の写真を水色の旗が掲げられ、王妃や母親への尊敬や感謝の気持ちを表すために水色の服を着るのだそう。

ジャスミンを贈るのが一般的とのこと。

 

エジプトの母の日は3月。

お花を贈ることもあるようですが、コップなどの食器を贈るのが多いようです。

学校ではダンスやアラブの伝統的な踊りなどの発表会が披露され、国民的なイベントとして楽しまれているそうです。

 

 

普段は照れくさくて言えない「いつもありがとう」「おかあさん大好き」といった感謝の気持ち。

 

日常的に「楽しい」「幸せ」「愛してる」という気持ちや自己表現を相手に伝える欧米人とは対照的に、どちらかというと直接的な愛情表現や自己表現が苦手だと言われている日本人。

相手の気持ちを読む習慣がある日本人は、言葉がなくとも気持ちを感じたり、あえてその幸せな空気感を大切にしたりもしますが、やはり今日くらいは家族でお母さんに言葉で伝えてみてはいかがでしょうか。

 

 

Thank you for everything.

I’m so happy being your son (daughter)!

You have no idea how much I love you.

 

【Thank you for ~】で「~をしてくれてありがとう」という意味で、とても使い回しの利く便利なフレーズです。

【have no idea】は、「全く分からない」という意味、そして【how much~】は「どれくらい~なのか」と訳し、HOW特有の感嘆句表現を活かせば、より豊かに感情を表せますね。

 

この他にもレッスンで習った文法表現で、感謝の気持ちをより深く伝えられることができます。

いちフレーズでも英語文法を考えて、お母さまに伝えてみるのもとても勉強になりますよ!

 

 

◆◆◆ 英語体験レッスン実施中!お申し込みは 【コチラ】 から ◆◆◆

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ヨーロピアン風の教室で、楽しく英会話のレッスン♪

KiddyCAT英語教室 中村校 ダイナソークラブ
〒453-0066
名古屋市中村区草薙町3-18 プリマ名古屋壱番館
TEL 090-6570-5358
URL http://www.kiddycat.net/

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-